JGAPとは?

まるで水から生まれた宝石のよう…

清らかで豊かな水でしか生きる事のできない「じゅんさい」。実にその90%以上は水でできています。じゅんさいの産地として古くから知られる秋田県三種町森岳地区には、およそ200を数える沼が点在します。沼には、世界遺産白神山系「素波里」と出羽山系「房住山」から流れこむ水や、湧き出る地下水が豊富な栄養素をはこび、絶滅危惧種に指定されている生物たちの姿を見る事ができます。このような自然環境が質の良いじゅんさいを育むのです。

じゅんさいの収穫は、小舟に乗って若芽をひとつひとつ手で摘み取る作業です。手間のかかる作業ですが、おいしいじゅんさい作りには欠かせない作業といわれています。

寒天質が厚いほど上質とされ、独特のぬめりがあり、つるりとした食感は、まるで水から生まれた宝石のようです。

食卓を潤す農産物。本物の安心は、JGAP取得が証です。

JGAPは農林水産省も推奨している最新の農業の取り組み(GAP)の一つです。
【 J = JAPAN(日本の) G = GOOD(良い) A = AGRICULTURAL(農業の) P = PRACTICE(やり方)】

「日本農業の応援団 日本GAP協会」のホームページはこちら

森岳じゅんさいはJGAP認証食品です。

三種町森岳地区には200を超える沼が点在し、これらのじゅんさい沼には”世界遺産・白神山系”や出羽山系から流れ込む水、湧き出る地下水などにより、豊富な栄養素が満たされています。

清らかで豊かな水でしか育たない「じゅんさい」90%が水分であることは、大切なこの環境が支えとなっているのです。

さらに、生き物である「じゅんさい」にも、しっかりとした”ひとの手”を加えることでより安全な農産物となっていきます。それが農産物生産工程管理体制を築くことで、さらなる安心安全をお届けできるバックボーンとなる「JGAP認証」の取得です。

キーワードは138

農産物への生産工程管理をしっかりするのは、安心安全をうたう中、当然のように思われていますが、JGAP認証取得には、実に様々な多くのチェック項目があります。

消費者のみなさまにお届けする農産物は、自然との闘いの中、農家の熱い思いによって”おいしく成長”していきます。その育成に手を抜くこのとできない作業のなか、定期的に138項目に及ぶ生産工程管理チェックを行っているのです。生産農家と消費者の信頼を築く「見える、農業」を、と。それが私たち、じゅんさい生産者の”誇り”なのです。

Copyright © 2014 じゅんさいJAPAN All Rights Reserved.